調査測定分析(一般環境)

公共用水域の調査測定分析

業務概要

公共河川の現地調査

 公共用水域(河川・湖沼・海域等)の環境調査、分析を行っております。ご要望に応じて、調査目的を踏まえた調査計画を立案するとともに、環境基準等の各種基準と比較し、水質環境についてわかりやすくご報告いたします。調査内容については、生活環境項目、健康項目及びダイオキシン類等の濃度と採取時の状況(気象条件、水温、流量等)を調査測定分析します。

当所の特徴

 総合的な調査測定分析機関であることから、多種の項目について当所にて調査測定分析が行えます。また、自治体の公共用水域調査において、測定計画の立上げ時から、業務に関わった経験があります。

ダイオキシン分析機器

主な実績

  • 近畿地方一級河川調査業務
  • 自治体の河川、海域の公共用水調査業務(多数)

環境大気質、騒音、気象等の調査測定分析

業務概要

 観測局舎等を利用した大気質等の連続測定をはじめ、各種の大気質自動測定器(及び気象観測機器)を搭載した移動観測車を用いた連続測定が可能です。 また、大気質調査では欠かすことのできない地上気象観測(風向・風速、日射量、放射収支量、温度・湿度)や中高層気象観測など、各種気象観測を行っています。

観測車 自動測定器による調査だけでなく、有害大気汚染物質等のモニタリング調査をはじめ、NOxのバッチ測定(簡易測定)や降下ばいじん調査等の携行可能なサンプリング機器を用いた調査も実施しております。

当所の特徴

 当センターにて観測車を所有していることから、迅速な大気質調査(及び気象)への対応が可能です。また、総合的な調査測定分析会社であることから、多種の項目について自社にて調査測定分析が行えます。

主な実績

上層気象観測
  • 空港事業に係わる周辺環境調査等
  • 環境大気及び環境騒音等調査(多数)
  • 有害大気汚染物質モニタリング調査
  • アセスメント・生活環境影響調査業務における現地気象観測調査(多数)

生物調査

業務概要

 陸域・海域の生物調査の企画・計画立案を行うとともに、実際の調査については陸水の生物調査を主に行っています。また、行政や学校等が行う生物観察会の指導講師の派遣についても環境教育の一環として行い、生物多様性の保全に協力しております。

当所の特徴

 生物調査の立案から、試料の採取・検索・解析までを行なえ、事後対策の計画・立案も可能です。

主な実績

  • 面開発の環境影響評価関連の陸域生物調査
  • 環境影響評価の事後監視生物調査
  • 官公庁発注の河川水生生物状況調査
  • 生物観察会への指導講師派遣
生物観察会 試料採取(魚類)